語学が堪能な文系のプログラマー

プログラミングの世界は、物理や数学が得意な計算に強い理系の男性が多いというイメージを持っている人が多くいます。
しかし、実際は理系の人だけではなく、様々なジャンルの知識を持っている人がシステム開発会で働いています。
毎日こつこつコードを書くことで、苦手意識が強い初心者でもコードをしっかり書けるようになります。

海外のクライアントと仕事がしたい時に、通訳会社・翻訳会社に依頼すると多くのコストがかかります。
プログラミング言語は世界共通の言語なので、もし留学経験などの海外生活がある語学が堪能の人がシステム開発会社にいると、日本だけでなく海外のクライアントからの契約を低コストで取ることができる可能性があります。
そのため、学生時代に言語のスキルを磨いている文系の人材を求めている開発会社も多いです。

他にも、学生時代にシステム開発会社でのアルバイト経験があるのとないのでは、就職する時の採用基準にも繋がります。
システム開発会社でのアルバイトの時に、優秀なプログラマーと人脈を作っておくことで、お互いの仕事の成果を報告しあったり、最新のプログラミングのスキルの情報を共有することで、お互いのスキルを上げることができます。

システム開発会社に就職するため、本格的なプログラミングのスキルを学びたい文系の人は、学生時代に大学とは別に専門学校に通って資格を取っておくのも就職活動時の道が大きく広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です