文系プログラマーの業界と管理職への期待

プログラマーが活躍できる業界は広いものの、その技術のレベルによって適切な業界が存在する傾向があります。
プログラミングの根本から学んでいてその哲学を持っているような人材であれば、プログラミング自体に新規性を見いだすことが必要とされる高度なシステム開発の現場が最も活躍できる場所となります。

一方で、あまりプログラミングについての基礎を学ばずに、実用面を意識してプログラミングの習得を行った場合には、アプリ開発やWeb制作といった比較的容易に制作できるプログラム開発に携わるのが王道となっています。
そういった考え方から、文系出身者がプログラマーとしてIT業界に参入する場合には後者に近い人材が多く、アプリやWeb業界における活躍が期待されます。
そういった業界における上位の立場に当たる職種は、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャー、ディレクターといったものであり、多くの人材は現場での技術者としての経験を有しています。
しかし、理系の人材にはマネジメント能力に長けている人材が少なく、ビジネスやマーケティングの視点を持っていないことも稀ではありません。
そのため、管理職に昇進する人材として文系プログラマーが注目されるようになってきています。
もともとのバックグラウンドが技術者ではないため最前線での活躍をそれほど期待できなくとも、その経験とビジネスやマネジメントの能力が重なれば管理職としては最適となるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です